~世界の塗装産業をリードする~

日本塗装機械工業会 Coating Equipment Manufacturers Association

3/4期総括

  • 全体としては前年同期(2009年度3/4期)比106%(内訳国内:108%、輸出105%)と伸長している

2010年下期予測

  • 2009年度にほぼ底を脱した感じが見受けられ、2010年度上期より除々に回復傾向が継続した。
  • 然しながら3/4期は前年同期比で伸長しているものの、伸びが鈍化し、4/4期も同傾向が予測されることから、下期全体では小幅な増減はあるものの、上期対比で横バイ傾向が継続するものと推定する (機種別は以下参照)。
    1. スプレーガン: ハンド/自動ガンともに国内、海外で引続き横バイ。
    2. その他ガン: 国内は横バイ、海外は減少。
    3. エアレス関連: ガンは海外の自動のみ増加、ポンプは空気動、電動ともに国内横バイ、海外減少。
    4. 液体静電: ハンド及び自動ともに国内で減少、海外で増加を見込む。
    5. 粉体静電: 海外自動のみ回復傾向が見られるが、その他は減少。
    6. 低圧ポンプ: 国内減少傾向、海外微増。