~世界の塗装産業をリードする~

日本塗装機械工業会 Coating Equipment Manufacturers Association

08年上期総括と下期見込み

  • 全体的には、上期実績は前年対比、台数、金額とも約10%の減少となった。エアレスの金額が伸びているのは、モデルチェンジによる価格UPによる影響である(台数ベースでは伸びていない)。
  • スプレーガンは国内で今上期は減少傾向が続き下期も、上期水準より3%減を見込む。輸出は上期比水準並みを見込む。
  • エアレスガンの上期は、国内、輸出とも大幅減少、下期は国内上期比 5%UPを見込む。空気動ポンプは上期水準維持、電動ポンプは上期比10%減を見込む。
  • 液体静電は国内では減少が続き、下期は上期水準維持、粉体は国内は減少傾向となるも下期は上期水準維持を見込む
  • 低圧ポンプは、国内では伸びが止まり、減少傾向。国内下期は上期水準を維持、輸出は10%減と見込む。