~世界の塗装産業をリードする~

日本塗装機械工業会 Coating Equipment Manufacturers Association

2009年度実績

  • 2009年度の実績は前年比、金額実績68%(国内65%,輸出79%)、【参考値:台数実績90%(国内85%、輸出93%)】と低水準に終わる。
  • 特に設備投資抑制に大きく依存する静電塗装機及び低圧ポンプは上期に突出して落ち込んだ結果となり、上期を底として下期にようやく若干回復の兆しとなる。
  • 輸出は、インド・中国等での工業塗装製品の回復が比較的早く、国内ほどの減少とはならなかった。

2010年度上期見込み

  • 2009年度の上期がほぼ底と想定されるも、以降での回復の情況に各機器ともスピ-ド感が見られない。
  • 以上より2010年度上期は、2009年度上期対比では増加、2009年度下期対比では横ばい/微増が予測され、大きな回復は見られないものと推定される。
  • 機種及びエリア別では海外の液体静電及び低圧ポンプの回復が他機種に比べ若干早い傾向が窺える。