~世界の塗装産業をリードする~

日本塗装機械工業会 Coating Equipment Manufacturers Association

07年下期実績

  • 07年下期の実績は上期対比170%で413億円となり170億円の増加、国内、輸出ともに増加。年度としても650億円を超える最高金額となる。
  • 装置別では搬送装置以外全てが伸長、特に自動塗装、空調、ブース、乾燥炉の上期対比での増加が顕著であり、自動車ボデーラインの需要が牽引した。

08年度上期見通し

  • 各社の受注残、引合の動向からは08年上期は厳しい見方が多く、07年下期実績対比では2ケタの減少もあるとの予測で、5~10%の減少と推定される。