CEMAについてCEMAについて 21世紀ビジョン 環境宣言 会長発信 沿革 役員 関連団体
活動内容組織と活動 活動 活動予定 会員一覧 事業一覧
塗装技術情報安全事例集 用語集 塗装FAQ 技術資料
塗装機出荷統計統計表/グラフ 各期概観
ニュース最新号 (2022年冬季号) 2022年秋季号 2022年夏季号 2022年春季号 バックナンバー テーマ別索引

技術解説: ゼロカーボンと塗装 - 5

平野克己

塗料・塗装業界が2050カーボンニュートラルに取組むに当り、2050年を長期目標とするならば、2030年を中期目標として、具体的に取組むべきであり、主要な項目を下記に示す。

カーボンニュートラル中長期テーマ
 中期目標→2030長期目標→2050
塗料
  • 低温短時間硬化塗料
  • UV、電子線塗料
  • 石油系原材料をバイオ転換
  • 人工光合成でバイオ原料
塗装
  • 塗装の自動管理
  • 省エネ活動
  • 産廃ゼロ・リサイクル
  • 燃料転化 (水素・バイオ)
  • 100%塗着塗装
  • 印刷、シール方式
  • 国家エネルギーに対応
  • (再エネ・核融合電力)

ここで塗装ラインでCO2排出の最大要因の燃料への取組みが急務である。

現在の燃料は石油系であり、炭化水素が主成分で微量の硫黄、N、Oなどが含まれるが主な燃焼反応は

CmHnmCO2 + ½nH2O + 発熱量

であり、量的には圧倒的にCO2が占める。

よく使われるプロパンガスの場合は

C3H8 → 3CO2 + 4H2O

となり、燃焼ガスの65%がCO2となる。

1. CO2を排出しない燃料を導入

現在、石油に代わるCO2を発生させない燃料として「水素」「アンモニア」などがある。

水素: H2 → H2O + 発熱量

アンモニア: 4NH2 → 2N2 + 6H2O + 発熱量

いずれもCO2を出さないクリーンな燃料であるが、水素、アンモニアをいかにCO2を出さない原料、方法で製造するかに課題が残っている。

2. バイオからの燃料

2.1 木材そのものを燃料とする例えば「バイオチップボイラー」など。

2.2 バイオを発酵させアルコールなどの炭化水素を製造することで、既にバイオエタノールなどあるが、工業的に大量で安価な製造方法が望まれる。


以上5回に分けカーボンニュートラルへの取組みの私見を述べたが、業界として総力を挙げた取組みが求められる。